治療後のメインテナンスも大切

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から造られています。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーをもつ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

インプラント治療

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせておこないます。それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易といわれているのです。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もおわります。それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診をうけるように言われます。定期検診をうける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導して貰えるので、サボらず毎日のケアを行ってください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診をうけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。